サーペントRDTA

DSC_0099.JPG

WOTOFOの新作を購入しました。

コイルのコットンに直接リキッドをたらすRDA
コイル交換式のアトマイザーの味しか知らなかった時に
交換コイルのコストを下げるために、自分でコイルを巻くRDAとRTAを購入

自分でコイルを巻いてコットンを詰めれば1回100円未満で収まるから始めたのですが、

味の違いに衝撃をうけました。
「同じリキッドなのになんでこんなに美味しいの?」

安上がりでおいしいんだからビックリ
前置きが長くなっちゃいましたが、

RDAなのに、上からリキッドを垂らすのではなく、傾けるだけでコットンにリキッドを供給できるRDTAを初体験

箱を開けると、本体とスペアパーツと付属品が出てきました。

DSC_0104.JPG

まずばらして食器洗剤で洗浄
DSC_0105.JPG

コイルの固定がちょっと変わっています、ネジでは無くて、プレートで固定する仕組み
DSC_0106.JPG

味重視だと聞いていたのだけど、 空気が入って来るホールが1個だから不安だったのですが、
コイルの真下からエアーが当たるから大丈夫かなって思っていたのですが
さすがWOTOFOさん、 1ヶ所から入った空気が4ヵ所に分かれて、コイルの真下でぶつかりあってから、コイルに当たる仕組みになっているからビックリ~
良く見ないと解らない味に対するこだわりを発見しました。
DSC_0107.JPG

コイルは、2個付属されていた、フラットタイプのクラプトンコイルを使ってみます。
コットンは付属の物はかなり評判が良いみたいなのですが、お気に入りの「ニンジャコットン」でビルドします。
DSC_0112.JPG

取説の写真を元に、斜めにカットして
DSC_0117.JPG
ホールにつめます。
DSC_0110.JPG

リキッドは、Bi-soさんの新作 チョコレート
DSC_0114.JPG

抵抗値はこれくらい
DSC_0111.JPG

MODはお気に入りの VT75manoシルバー

DSC_0115.JPG

15W~30Wくらいで試したのですが、
チョーうまうまです。

やっぱり RDAの味は最高ですね。
RTAだと、温度が上がって味が多少飛んでしまうのですが、温度の影響を受けにくいRDTAは、味が変わらないから、とても良いと思ってしまいました。

WOTOFOサーペントRDTA


お気に入りのMOD


リキッドが吸い込む速度がハンパ無いコットン
ニンジャコットン


お気に入りになったリキッドがこれ
bi-so revo チョコレート
ビターチョコとアーモンドのハーモニーにやられちゃいました。





※画像が間違っています、すいません、最初に、3.5ミリ26ゲージ7巻で組んだ時の画像が・・・
30Wでドライヒット気味になったため、付属のクラプトンで組みなおしました。