iQOS(アイコス)とPloomTECH(プルームテック)を、吸い比べてみた

icos.png

今頃ですが、フィリップモリスのiQOS(アイコス)とJTのPloomTECH(プルームテック)を吸い比べてみました。

新型の加熱式タバコアイコスは、吸える様になった時に、ブルブルっと震えてお知らせ、
最後の2口くらいで、またブルブルっと震えるんですね。

タバコの葉っぱを加熱する部分のヒートプレートが、なんかコーティングされていました、
なんとなくテフロンぽい加工

puruumu01.png

JTのPloomTECH(プルームテック)は、充電式電池カバーにリキッドタンクを取り付け、タバコカプセルを装着して吸うタイプみたい・・・

なんか、VAPEの構造にタバコカプセルを取り付ける構造なんですね、

吸ってみた感想は、

ほとんど煙が出ないフィリップモリスのiQOS(アイコス)、
焼きトウモロコシの味だと思ってしまった・・・
なれるとタバコの味になるんでしょうか?
歯が黄色くなってくるのが、やっかいですね。

それに対して、JTのPloomTECH(プルームテック)は、ちょっとパンチが無いタバコだと思っていたのですが、メンソールリキッドの入ったカートリッジに普通のタバコカプセルを装着すると、意外といける感じがしました。

「これって、VAPEにタバコカプセルを付ければ、もっと味のバラエティーが増える」そう思って探してみたら、510規格のドリップチップに、タバコカプセルを取り付け、VAPEで吸える物が出てる事を知り、
ドリップチップを取り寄せる事に・・・

実は、サーペントミニのドリップチップにタバコカプセルをテープで張り付け、
メガマスカットのリキッド、15W エアフローをほんの少しだけあけて、
タバコ吸いを行ったら、すごくうまうま~

ドリップチップを購入しようと探していたら、
すごいスターターキットを発見、
色が選べるっていいよね。


JTのPloomTECH(プルームテック)を購入するより安い価格ではないかな~
それに、リキッドの入ったカートリッジがいらない、
好きなリキッドが使えるのがすごく良くて、コストパ良いかも、
メンソールが好きなら、カミカゼのスパーハードメンソール、+タバコカプセル
フルーツ系なら、メガマスカットとか、アップル系のリキッドとかあいそう。
メガマスカット+スパーハードメンソールが好きな私には、すごい味の種類か増やせるから良いかもしれないし、ニコチンリキッドを取り寄せなくても良くなるのがすごく楽になります。
だって、タバコカプセルは、簡単に手に入るから~
輸入しなくて良くなるんだよ~



サイズはこんな感じです。


取り寄せる予定のドリップチップがこちら、


510のアトマイザーのドリップチップと交換するだけで、ニコチンが接種出来ちゃうんだよね、
禁煙に近づくかもしれない・・・

まだ、節煙しかできていない私・・・
フィリップモリスのiQOS(アイコス)は、禁煙にはならないから・・・
JTのPloomTECH(プルームテック)は、水蒸気だから、禁煙になる?

実際、フィリップモリスのiQOS(アイコス)歯が黄ばんでくるんだけど
JTのPloomTECH(プルームテック)は、黄色くならない
どちらを選びますか?



VAPEワイヤーで、味が変わる、私の思い込みかもしれません。

kanthal.jpg
 ワイヤーって何を使っていますか?
MODの性能で、美味しく吸えるかどうか、変わってしまうので、
何が良いとは、言えないのが現実、好みのミスト、味、
煙の量だって変わってしまいます。

RTA、RDA、RDTA、など、アトマイザーでも相性とか出てくるから、一概に言えないんですよね、

なので、私の行って試したビルドの事を書きます。
あくまでも私の覚書なので、参考にするかどうかは自己責任でお願いいたします。

最近、SS316のワイヤーがはやりつつ有り、温度管理で使う方が増えていますが、私が入手したステンレスワイヤーだけかもしれませんが、カンタルとの味が少し違っている感じなので、あまり使わなくなってしまいました、気になるSS316を入手した時は、紹介したいとは思っております。

・カンタルワイヤー26ゲージ
使われてる方が多いのではないでしょうか?
立ち上がりの遅いMODには最適で、低いワット数での運用が良いと思います、
マイクロコイルで使用する場合は特に、立ち上がりが早いMODだと、直ぐにドライヒットしてしまうので、ワット数を上げられない。
低いワット数で美味しい味が出るのが特徴
※焼き入れの時、直ぐに真っ赤になるので、溶かしてしまった事が有ります。
高抵抗のビルドで、ワット数を少なくして、長く楽しめます、
バッテリーの持ちも長く出来るビルドに最適

・カンタルワイヤー24ゲージ
私としては、使いやすいオールマイティーなワイヤー、
シングル、ダブルとも30Wくらいで、美味しい味が出る様に思う、
ただ、爆炎になるので、吸う場所を選んでしまうのが欠点

・クラプトンワイヤー
clapton2632.jpg

焼き入れの時に、真っ赤になった状態から、水に入れて急冷却する事で、美味しい味が出ます。
そうしないと、まずくて吸えない・・・
26ゲージに32ゲージを巻き付けているので、かなり細いカンタル線のおかげで、表面積が広くなる事から、ミストの量が増え、濃い味が楽しめます。
6ラップで1オーム近くになるため、バッテリーに優しく、電池の持ちが長い様に思います。
リキッドにもよりますが、味とのど越し重視の使い方の時に使用しています。

・フラットクラプトンワイヤー
fcpton.jpg
私が手に入れられるフラットクラプトンは、こらだけでした、
ホントは、サーペントRDTA純正のワイヤーを探していたのですが、みつけられなくて、購入しました。
焼き入れの時に冷却してつかうのですが、私の好きなウーキークッキーの味が変わってしまうので、違うリキッドで使用しています。
低抵抗になるため、シングルオンリーと決めています。
ゆるやかに温度が上がるので、30W以上で使いますが、リキッドの消費は24ゲージと変わらないのだけど、バッテリーの消費が激しいです。
味は、美味しく出ますが、リキッドで味が変わるから、使う機会が少なくなっております。
スピットバックがとてもすごいので、ご注意ください。

私のお気に入りはこれです。



テレビでCM中のミュゼプラチナム



【電子タバコ】コットンの違いで味が変わる、私の思い込みかな?

ninjakoltuton1.jpg

VAPEをはじめたころは、コイルの交換だけ行っていたのだけど、
自分でコイルを巻いて、ドキドキしなが吸った時の味の違いにビックリ。

同じリキッドなのに、味が全然違う、

そんな事が有り、自分でビルドを行うアトマイザーばかり選ぶ様になったのですが、
今回は、コットンのお話しです。

コットンの違いなんて、解んないって思っていたのですが、
段々とVAPEを楽しんで行くうちに、「あれっ?」って思った事を、色々試してるうちに、私なりに見つけた事を書いてみたいと思います。
今、お気に入りのセッティング
unnamed (5).jpg
サーペントRDTA、
UDクラプトンワイヤー26+32
内径3ミリ、6ラップ、0.95オーム
このビルドでの、コットンの違いでどう変化するのか、
私の感覚で書いてみようと思います。

まず、私の基準となるのが、カネボウ、デイリーコットン
電子タバコ VAPE RDA コットンロールのやり方で使っていたものです。


モフモフにして薄いシートを丸めて使います。
ko5.jpg

リキッドを吸い込むスピードは、一番遅いです。
高いワット数には向かない
サーペントミニやアルトに使う場合、コットンの量がシビアで、
多いとドライヒット、少ないと漏れちゃう。
味は、普通に美味しい。


ニンジャコットンシート
ncoton.jpg
コットン繊維の方向がそろってるコットンシート、
カットして、くるくる丸めて使うので、ビルドは簡単、
コットンにリキッドが吸い込む速度は、私が知る限り最速です。
リキッドの供給も早く、高いワット数に対応、
リキッドの味をダイレクトに伝える感じがします。
かなりおいしいですが、スピットバックが増える様に思う、
低いワット数でスピットバックは増える感じがします。
コットンの持ちはかなり良いです。

サーペントRDTAに付属のコットン
sacoton.jpg
コットン繊維の方向をかなりそろえている様に思います、
きめ細かい、濃厚なミスト、
少なめのコットン量で、すごく美味しいセッティングが出来ます。
低ワットから、高いワットに対応、
スピットバックは少なめで、かなり気に入っていますが、
コットンだけ販売されていないのがちょっと残念

VCC - Vapers Choice Cotton
USA製のベーパーズチョイスコットン
vcc.jpg
コットン繊維の方向が全部そろってる
カットすると普通ならつぶれるのですが、逆に広がるから驚きます。
私の知ってるコットンの中では、2番目のリキッドを吸い込むスピード、
何より、リキッドを保持する事に関しては1番だと感じました。
実は、サーペント純正のコットンではないかと言われている、ケンドーコットンを探しに行って、電子タバコ専門店【VEPORA】の店長さんにすすめられたコットンです。
低ワット~高ワットまで対応、
スピットバックは、一番少ない
なんとも言えない吸いごたえ、
喉を通る時の感じは、きめ細かいミストなので、一番重く感じます。
味は、濃いミスト、ゴージャスな味
リキッドを吸い込む速度は、サーペント純正と同等ですが、保持量はピカイチと感じます。

はっきり言いうと、サーペント純正コットンが、私の好みだと思っていたのですが、VCCに出会い、大好きなコットンになってしまいました。

ニンジャコットンシートだと、ダイレクトなリキッドの美味しさは、鮮明に出ますが、
濃いミスト、荒々しい味が印象的で、スピットバックも、少しコイルが落ち着くと少なくなるので、これはこれで、美味しく吸えます。
リキッドにもよるのだろうけど、
リキッドの味だけを求めるのなら、ニンジャコットンシート、

一つ上の、上品で、ゴージャスな
きめ細かい濃厚なのど越しとミスト、上品な味を求めるのなら、
VCCが良いと思う。

リキッドの消費は
1番がニンジャコットンシート
2番がVCC - Vapers Choice Cotton
3番がサーペントRDAT純正コットン
4番目に、カネボウシルキーコットン

アトマイザーや、使用目的で使い分けるのが良いとかんじました。

私の場合、

普段持ち運んで吸う場合
リキッドの消費を抑えて、1回のリキッドチャージで長く持たせたいのなら、
26ゲージ内径2.5mmの7ラップ、マイクロコイル、
カネボウのコットンで、15W前後で使うのが持ちは良いと思います。
スペースドにすると、消費が激しくなるので注意

家で、まったり、楽しむのなら、
UDクラプトンワイヤー、26+32を使い
内径3ミリ、6ラップ、30W
VCCコットン

味を楽しみたいとか、メンソール系なら、ニンジャコットンがいいかな~

なんとなく、出来る限り私の思いを書いてみました。

参考になれば良いのですが・・・



テレビでCM中のミュゼプラチナム